高齢者に関する相談や介護サービスでお困りの方

障がいに関する相談や支援サービスでお困りの方

子育て支援に関すること

ボランティアの依頼や登録などに関すること

地域の福祉向上のための計画や活動に関すること


おすすめスポット

登録ヘルパー・ガイドヘルパー大募集

学生、未経験、子育て世代、短時間、曜日指定の方でも大歓迎!

【必要資格】
介護職員初任者研修・ヘルパー2級・介護福祉士・同行援護ガイドヘルパー資格等をお持ちの方

【勤務時間】
午前6時~午後10時までの都合の良い時間(詳細応相談)

【時給】
下表のとおり(例:1時間単位での勤務の場合)

6:00~8:00は上記単価に500円アップ
18:00~20:00は上記単価に250円アップ
20:00~22:00は上記単価に500円アップ
日曜、祝日はさらに時給250円上乗せ



・身体介護、重度訪問介護、通院身体介護を伴う方の時給単価


・生活援助、同行援護、移動支援の方の時給単価


・平日の8:00~18:00の場合
例1)身体1時間
1,300円+300円=1,600円
例2)家事援助1時間
1,200円+300円=1,500円
例3)身体1時間、生活援助1時間
1,300円+1,200円+300円=2,800円
例4)同行援護6時間
7,200円+300円=7,500円

・平日の20:00~22:00の場合
例5)身体1時間
1,800円+300円=2,100円

・祝日の20:00~22:00の場合
例6)身体1時間
2,050円+300円=2,350円



さらに、処遇手当も充実しています。

【毎月】勤続期間や勤務時間、所持資格による追加手当があります!
勤続手当:月4,000円~7,000円
資格手当:介護福祉士手当 (月2,000円支給)
     実務者研修修了者(月1,000円支給)
特定処遇改善手当:介護福祉士資格保有者に対して、月5,000円~25,000円を支給
※その他の手当もあります。

【半年毎】稼働状況に応じた一時金(ボーナス)の支給があります!
稼働時間に応じた一時金
年末年始手当一時金支給
※その他の手当もあります。

(一時金として年2回ボーナス支給あり!!)

和泉市社会福祉協議会では、処遇改善加算Ⅰと特定処遇改善加算Ⅱを算定しており、働いた時間数に応じて、金額に反映するシステムになっています。

処遇改善支払い例(Aヘルパー、介護福祉士)
例1)①毎月勤続手当6,000円×12ヶ月=72,000円
   ②身体時給300円×時間数
   ③毎月資格手当2,000円×12ヶ月=24,000円
   ④特定処遇改善手当25,000円×12ヶ月=300,000円
   ⑤上期ボーナス100,000円
   ⑥下期ボーナス100,000円

年間処遇改善支払い額合計
596,000円+身体介護×時間数


処遇改善支払い例(Bヘルパー)
例2)①毎月勤続手当4,000円×12ヶ月=48,000円
   ②家事援助時給200円×時間数
   ③上期ボーナス70,000円
   ④下期ボーナス70,000円

年間処遇改善支払い額合計
188,000円+家事援助×時間数

【研修制度】
今年度実績
①市役所の危機管理室による災害時の備え等の研修
②コミュニケーション研修
③人権倫理研修
④家事援助研修などなど
※子育て世代のフォロー体制や、ヘルパーに対する指導体制も充実しています。



まずはお電話をお待ちしています。